ユーザ用ツール

サイト用ツール


クエスト:通常クエスト:chapter11_ミヤマスゴーイング

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
クエスト:通常クエスト:chapter11_ミヤマスゴーイング [2019/07/24 16:52]
admin [Chapter11 ミヤマスゴーイング]
クエスト:通常クエスト:chapter11_ミヤマスゴーイング [2019/08/04 03:51] (現在)
admin
ライン 2: ライン 2:
  
 {{:​クエスト:​通常クエスト:​pasted:​20190724-165205.png}} {{:​クエスト:​通常クエスト:​pasted:​20190724-165205.png}}
 +
 +===== ストーリー情報 =====
 +
 +==== episode11-1 全てを覗いて ====
 +
 +カミサマンは語る。この世界の仕組み、この世界の真実。無限に広がる可能性、しかし、無限の広がりは消滅となり、それを防ぐためにあるのがカミサマンシステム。そして、オムニス達の戦いはその一部であると。難解な話に首をかしげるとびおだが、少女達を救う道は勝つ事でしか得られないと分かる。覚悟 を胸に、少女達の元に戻っていった。
 +
 +==== episode11-2 報せ ====
 +
 +魔法少女達に全ての真実を伝えるオムニス。 動揺する魔法少女達。一部納得する者もいるなか、そもそもオムニスの発言そのものを疑う者もいて、特に花織の動揺は他の少女達よりも大きなものだった。時間が欲しいという魔法少女達に頷くオムニス。去っていく少女達の背中を見つめながら、それでも揺らがない決意を再認識するオムニス。
 +
 +
 +==== episode11-3 普通の女の子 ====
 +
 +魔法少女達に事実を伝えてから数週間経過していた。悩みながらも復帰し始める魔法少女達であったが、花織だけは出てこなかった。 いろはと共に花織の家に行くと、ベッドから出てこないという。『任せて欲しい』という言葉に従い、脱得をいろはに託す。二人だけの関係が垣間見える説得の中、いろはに押し切られる形で復帰を約束する花織だった。
 +
 +
 +==== episode11-4 決意の先に ====
 +
 +決戦の時、すでに魔法少女達は集まっていた。そう、花織も。少女達はそれぞれ、恐怖を乗り越え覚悟を決めてきたようだった。 現れた白オムニス、それを迎えるオムニス。 お互いに落ち着いた声で、最後の問答をする。『やることは、決まっている』互いの決意の言葉と、間の声を振り上げて。最後の戦い へと挑んだ。
 +
 +
 +==== episode11-5 掴めないものが欲しくて ====
 +最後の悪魔が倒され、白オムニスの姿も、既に薄れ始めていた。白オムニスの最後の言葉」 に、消えていく白オムニスさえも連れて行くと約束するオムニスだったか。『断るよ』との呟きと共に現れたのは、いろはにしか見えない悪魔だった。白オムニスを喰らい、禍々しい姿へと変化していき、そして彼女たちが産まれた
 +
 +
 +
 ===== バトルステージ情報 ===== ===== バトルステージ情報 =====
  
クエスト/通常クエスト/chapter11_ミヤマスゴーイング.txt · 最終更新: 2019/08/04 03:51 by admin