ユーザ用ツール

サイト用ツール


キャラクター:キャラクター一覧:大鳥丹

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
キャラクター:キャラクター一覧:大鳥丹 [2019/08/05 12:57]
admin
キャラクター:キャラクター一覧:大鳥丹 [2019/08/08 12:50] (現在)
admin [ストーリー情報]
ライン 19: ライン 19:
 ===== ストーリー情報 ===== ===== ストーリー情報 =====
  
-EPISODE1 見かけによらず +==== EPISODE1 見かけによらず ​==== 
-EPISODE2 複雑な関係 + 
-EPISODE3 素直になりかけて +友達と遊んだ帰り、ホテル街を歩いていると男に絡まれている女性が居た。見ないふりをしようとしたのだが、彼女を自称して巻き込んでくる。仕方なく手を取って逃げ出すと、彼女は感謝を述べて笑った。私立武良穂、大島円。『とびお、くんと言うのですね。覚えました♪』甘い香りと不思議な余韻、ついでに連絡先も残して彼女は去っていった。 
-EPISODE4 他人の癖に + 
-EPISODE5 何も要らない愛がある +==== EPISODE2 複雑な関係 ​==== 
-EPISODE6 本当のお礼+ 
 +それから丹とは定期的に連絡を取り合うようになり、何度もデートを重ねるようになった。そんな何度目かのデートの日、前に円に絡んでいた男は元々丹と面識があったと知る。『前に少しだけ、一緒に遊んだだけなのに」丹から語られたのは、複雑な家庭の事情と色んな男の家を泊まり歩いていた過去。そんな、事情を、つとめて明るく喋る彼女。しかし、その笑顔はどこかぎこちなかった。 
 + 
 +==== EPISODE3 素直になりかけて ​==== 
 + 
 +ある日、丹が泊めてほしいと言ってきた。なにも聞かずに泊めると、丹はポツポツと自分の家庭の事情を話し始めた。自分に双子の妹がいること、双子だけれど父親が違うということ、今日が誕生日だということ。『だから、この日は毎年家にいたくないんです』無理して祝う家族を見たくないと、丹は呟く。話し終えると、円は安心したように眠った。 
 + 
 +{{:​キャラクター:​キャラクター一覧:​pasted:​20190808-124909.png}} 
 + 
 +Hシーン(DXのみ){{:​クエスト:​通常クエスト:​pasted:​20190724-155917.png|}} 
 + 
 +==== EPISODE4 他人の癖に ​==== 
 + 
 +翌日。昨日何故あんな事を言ってしまったのかと後悔する丹。目覚めたとびおに家に帰るように促され承諾するか、続けたとびおの言葉に怒りを覚えた。『痛くても優しさが向けられているなら、優しさで返すべきじゃない」のか?​』『余計なお世話よ!』『一晩泊めたくらいで、都合よく彼氏面してこないで』私りのまま叫んだ丹は、朝食のお礼だけ言い残」し、立ち去っていった。 
 + 
 +==== EPISODE5 何も要らない愛がある ​==== 
 + 
 +「後悔抱えて、丹は家に戻っていた。とびおを傷つけたこと、感情的に叫んだこと、とびおはこれまでの男とは違ったこと。帰ってきた。査に気持ちを打ち明けると、査はあっさりと答えを教えてくれた。『自分で言ってたろ、逃げてたらなにも変えられないって』査の言葉に諭されて、丹はとびおの元に向かった。 
 + 
 +==== EPISODE6 本当のお礼 ​==== 
 + 
 +震える指で呼び鈴を鳴らすと、とびおは優しく出迎えてくれた。伝えようとする感情が、言葉になって出てこない。そんな様子の今を 
 +とびおはじっと見つめる。『・・・・・好き』ひどく単純なその言葉は、雄弁に丹の心を映し出していて.....。丹を守りたい、そう心に誓った。 
 + 
 +{{:​キャラクター:​キャラクター一覧:​pasted:​20190808-124719.png}} 
 + 
 +Hシーン(DXのみ){{:​クエスト:​通常クエスト:​pasted:​20190724-155917.png|}}
  
  
キャラクター/キャラクター一覧/大鳥丹.txt · 最終更新: 2019/08/08 12:50 by admin